引越し 見積もり 相場

引越しの見積もりの相場

▼引越し見積もりに欠かせない”引越し価格ガイド”はコチラをクリック▼

 

 

 

引越しは人生の中でも大きな出来事の1つです。特に初めて引越しをするという人は、何をすればよいのか、どれぐらいの費用がかかるのか見当がつかず、不安がいっぱいなのではないでしょうか。まずは引越しの相場を掴んで、どのくらいの予算を組めばよいのか確認しましょう。

 

移動距離

時期

単身

家族

近距離

(同一市内、20km以内)

通常期

31,000円〜130,000円

82,000円〜175,000円

繁忙期

53,000円〜221,000円

139,000円〜298,000円

中距離

(同一県内、100km以内)

通常期

40,000円〜170,000円

133,000円〜200,000円

繁忙期

68,000円〜289,000円

226,000円〜340,000円

長距離

(県外、300km以内)

通常期

64,000円〜190,000円

167,000円〜250,000円

繁忙期

109,000円〜323,000円

284,000円〜425,000円

 

 

引越し料金は主に移動距離・荷物の量・引越し時期によって決まります。
距離が長ければ長いほど、荷物の量が多ければ多いほど料金が高くなるというのはすぐに分かることですが、気をつけなければならないのが引越し時期によっても大きく金額が変わることです。
というのも引越しには繁忙期があります。1年の中でも3月/4月は引越しがものすごく多い時期です。これは新年度が始まる時期で入学・就職・転勤などで人の移動が激しくなるからです。観光シーズンに旅館やホテルの値段が高くなるのと同じように、引越し料金も繁忙期には高くなります。
また引越しは土日祝日や大安にする人が多いので、平日に比べると料金が高くなります。

 

しかも引越しは1つとして同じものはありません。広い道路に面していて玄関が広い家に荷物を運び入れるのと、道が狭くてトラックが入り込めないマンションの3階まで階段を登って荷物を運び込まなきゃいけないのとでは手間と時間が全く違います。こういう点でも料金の違いは生じます。

 

さらに引越し業者によって価格設定は全く異なります。引越し料金の計算式は基本的に「基礎運賃+実費+オプション料金」です。携帯電話の料金プランで言えば基礎運賃が基本料、実費が通話料と思えばいいでしょう。
基礎運賃は国土交通省と引越し業者の間で交わされた約款で定められているので、各社ほとんど違いがありません。差が出るのは実費の部分です。
実費とは作業員の人件費や梱包のための資材の代金などです。ここは引越し業者が独自に定められるので金額が高い業者と安い業者とでは何倍、何十万円もの差になる場合もあります。

 

このように引越し料金はいろいろな要因が絡み合って意外と複雑でピンキリなので、一概に相場はいくらぐらいと言い切ることができません

 

ですから相場はあくまで参考数値として気休め程度に見ておいて、実際に引越し業者から見積もりを取ることが大切です。しかも電話やメールだけで大雑把な見積金額だけ聞くというのではなく、訪問見積もりで荷物の質や量を直に見てもらい、家の状況もきちんと考慮してもらった上で正確な見積金額を出してもらうようにしましょう。

 

さらに引越し料金を安くするためには相見積もりを取ることが大切です。引越し業者も商売ですからなるべく高い料金で仕事を請けたいのは当然です。ですから競合がいないと思えば高めの料金を提示します。相見積もりであることを伝えれば契約を取るために値引きに応じてくれます。

 

相見積もりを取るために自分でいくつもの引越し業者を探してそれぞれに連絡を取るのは大変な作業です。そんな時は一括見積もりサービスを上手に利用しましょう。

 

▼無料で簡単に最大10社まで見積依頼ができる”引越し価格ガイド”はコチラをクリック▼